マニックパニックの使い道


超ナチュラルなのにいつもとはちょっと違ったデザインカラーのお話。






マニパニが大好きです。



とにかく好きです



そんなマニパニから、美容師しか手に入らない、プロフェッショナルラインが出たのでテンション上がりまくってデザインカラーを勧めまくる毎日です。




ご存知ない方も多いかもですが、ビレバンとかで売ってるあれです




簡単にビビットな色が手に入るあれ。笑






わかりやすいのだとこんなですね



↑前回の記事でマニパニ書いてます↑




で、うちのお客様はお仕事や家庭の関係上やりたくてもやれない!


って方がとても多いのと



私自身言われなきゃわかんないような小細工が好き笑



っていうのがあって、今日はこういうビビットなカラーを使ってるのにナチュラルになるデザインカラーのお話👍🏻




こういうビビットなカラーは基本的にブリーチ(脱色)←洗濯でいう漂白剤で白くする

してからマニックパニックで色をいれる



のですが、




私の場合はブリーチしてない方にもよくこのビビットカラーを使うんです。



美容師さんにしかわからないかもですが、マニックパニックとかカラーバターというものは普段している白髪染めやオシャレ染めのヘアカラーとは別物で



お店によっては普段あまり使わなかったり、取り扱いすらないところもあります。




あと、マニックパニック等よりビビットな発色にはならないですが、普段使うヘアカラーと同じ物の中に

アクセントカラー



というものがあって、


真っ赤や真っ青のカラー剤があるんですが、



これもあまり使わないお店も多いようですが、今回紹介するカラーのような使い道で私はよくこのアクセントカラーを使います😊





じゃあどうすればさりげないおシャンにできるか💡


その1


暗い髪色に、細くメッシュでビビットカラーを入れてぼかす



↑動画載ってます↑




↑これ、マニックパニック使ってるんです😱


ベースの色が暗め、ブリーチをしてないとこんなナチュラルにほわんとラベンダーに🌷


ベースはフォギーベージュ(赤みのないベージュ)、メッシュはラブパワーパープルです



写真のように遠目から見るとなんとなーく紫に染めたのかな?って感じに

近づくと、あれ?なんかところどころ紫かな?


直接しっかり見るとパープルメッシュじゃん😍
(動画見てもらうと良くわかります)


となる優れもの。笑



これはパープルですが、グリーン系やブルー系を使ってもすごいかわいいですよ!

それに合わせてベースの色も変えるとよいです✨




その2


トナーで色をいれる



トナーというのはシャンプー台で色をいれるやり方の専門用語なんですが、


わかりやすく超簡単に訳すと

全体にほんわり色をかぶせる



ってことで笑






↑上二枚は赤みが出やすい方なのでグリーンを



↑思いっきりカーキにしたかったのでグリーンON!




↑ブルーグレーにしたかったのでブルーON!



すべてブリーチなしです(ハイライトは少しあり)



写真加工もなし



ブリーチしてないので派手髪にはならないし、


でもいつもとちょっと違う色味にしたい、って時はオススメ!


これからの時期カーキとかいいですよね。



これだと普通にカーキ系にカラーした時とまた違った感じになりますよ✨




↑要ブリーチだとこんな感じも♡




ビビット系だけがデザインカラーじゃない✨


今日紹介したものはマニックパニックやアクセントカラーを、クリア(パステライザー)という透明のヘアカラーで私が薄めたり何色も混ぜて淡く出るように調合したりしてます👍🏻



オンリーワンカラーですね😍



うちのお客様はほとんどの方がハイライトやローライト入れたり、デザインカラーをされてますが、


ハイライトやローライトだけじゃなくカラフルなカラーを使っていつもと違うカラーにすることも選択肢に入れてみて下さい😊




世界が広がると思います😍

Lily-r

To all the people in need. One and only. Cool♡Casual♡Sexy♡Glamorous

0コメント

  • 1000 / 1000